男の婚活 OTOKON

男の婚活 OTOKON

「君と結婚したい」・・・急いては事を仕損じる

「君と結婚したい」・・・急いては事を仕損じる

お見合いをして双方OKをだして交際になる。いい感じで付き合いが進んで彼女も自分のことは気に入ってくれてる様子。

自分も彼女と将来的には結婚できたらいいなという意思表示はちゃんとしている。それに対して彼女も引くこともなく肯定的にとらえてくれている。

男の立場からするとこのまま半年くらい交際を続けて見極めたい・・・

その気持はわからなくはないですよ。結婚は一生の問題ですからね。

しかしあまり早いうちから「君と結婚したい」ということを言ったのなら結論を出すのにグズグズするのはよくないです。

男性の中には「このコいいな」と思ったら、他には渡したくないと気持ちが先走って早いうちにこの手の積極的なアプローチに出る人がいます。

交際が始まってすぐに「君とのことを真剣に考えている」「結婚を前向きに・・・」などの言葉を口すると女性がまだその気がない時は確実に引かれます。その早急な言葉の重みに耐えかねて「まだ私そこまでの気持ちじゃないのに・・・」と、あなたのことは嫌じゃなくても交際終了になることも。

でもあなたが3回4回とその言葉を口にし、彼女もそれに同調してくれているのなら、彼女自身もかなりその気アリということです。

プロポーズの受け入れ態勢もできているのに待たされると・・・

あなたのその言葉に逃げ出さず交際も順調であるならば、3ヶ月くらいたてば「いつプロポーズしてくれるんだろう?」と女性は思うわけです。

だから3ヶ月も経過しても具体的な結婚の話が出ないと(例えば親への挨拶はいつにするか、結婚式はいつぐらいにするかなど)「うん???口だけなの?」「ホントに結婚する気ある?」なんて思われます。

こんなことを言うのはなんですが、婚活の場においては女性の年齢は重要なんです。そこは女性も十分認識していますし、相談所側も自社の女性会員さんがすごく待たされている場合であれば、「今の方とお付き合いしながらも他の人も視野に入れてみては?」というアドバイスもします。

女性は見切りをつけると早いですよ

だから少しくらい待たせていても大丈夫!と思っていたら急に足元をすくわれます。女性が見切りをつけた場合は早いですからね。そして一度見切りをつけるとその判断はほとんど覆りません。

もしもお見合いで彼女のことを気に入っても、好意を見せることは大事ですが、一ヶ月目を過ぎるくらいまでは結婚をほのめかすことはやめておいたほうがいいですね。

あなたが「結婚したいと思っている」と伝えていて、いざ彼女が「私もその気です」と返事したのに「でも結婚はもうしばらく待って」「あと半年ほど・・・」なんていうと女性は急にはしごをはずされたような気分になって、かえって不信感が芽生える結果になります

ペースとしてはほぼ毎週のように会っていても、2ヶ月目に突入した頃からで遅くありませんからね・・・

「急いては事を仕損じる」です。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top