男の婚活 OTOKON

男の婚活 OTOKON

【年の差婚】お見合いはできたとしても・・・

20代女性が50代男性に会ってもいいと思うにはこれくらいの年収が必要です


何度かこのブログでもお話しているように、ココ最近本当に年の差婚を求める男性が増えてきています。

50代前半の男性が20代後半の女性に申し込みをしてくるわけです。


で、こんな言い方をするのは失礼ですがみなさん打率はいかがでしょうか?

年収によってこの打率は大きく変わってくることは確かです。

20代もしくは30代ソコソコの女性が15、6歳以上年上の男性と会ってもいいと思うのは
最低でも1000万以上の年収の場合がほとんどです。

またこの場合、女性は年収だけの判断ではありません。

ある程度の規模の会社経営者、医師、弁護士等、また不動産多数所有などの資産家の男性に限られ、サラリーマンで年収が多いだけだとなかなか会ってみようとは思われないようです。

50代を超えると年収2000万円超えても正直厳しいですね。

「いや、俺って若いコと話すのも大丈夫だし、実際40前後に見えると言われる」としてもです。




お見合いに漕ぎ着けたとしても成婚にはいたらないのが現実


会ってもらえたとしても、一回り以上年の差がある場合はほとんど成婚につながりません。

女性側も会ってはみたものの、やはり同年代と比較すると”おじさん臭さ”を感じるわけです。

かといって若い男性のようなファッションや話題を目指すと、それはそれで”イタイ”んです。

「やっぱりなんか年齢を感じました」ということで女性からお断りということがほとんどです。

交際OKとなっても2、3回が限度のようです。


また逆に男性側も会ってみると、年齢差からくるギャップや会話などに物足りなさを感じるようです。
中には初対面でタメ口で話されて「違うな・・・」と思う場合も

男性の理想に近い女性は同年代を求める


最近の男性が女性に求める希望に「依存度の低い女性」というものがあります。


男性にべったりと依存しようとせずに、
結婚しても仕事を持って経済的にも精神的にもしっかりとしている女性。

でもこういう女性は同年代の男性を強く希望しています。

3歳上くらいまでが理想でできれば年下でもOK、
7歳くらい上だと「うわ!年上だわ」と思う傾向にあります。


あなたの望む
若くて、かわいくて依存度の少ない女性は、
「一緒に成長していける人」を求める傾向にあります。

だから年収もそこまで高望みはしていません。


最終的には同年代の中ではそれなりの年収の男性(伸びしろのある男性)と成婚していきます。

その手の女性は、決まるのが早いですね。


それでもまだあなたが30代のうちは20代後半から30代前半の女性会える可能性はあります。

40代になると年収700万円代でもかなり厳しくなってきます。

年齢にこだわっているうちに40代が過ぎ去ってしまう


「子供が産める健やかな母体は30代前半まで」と決めつけて、
頑なに結婚相手の女性に求める年齢を
譲ろうとしないしない男性が依然として多くいます。

それどころか、ここ数年さらに年下の20代女性を求める男性が増えてきました。

ほんの数年前までは一回り下でも驚かれたものですが
最近は二回り位下の女性を求める男性が本当に増えてきました。



でもあなたがどうしても20代の女性と結婚したいのなら
キャバクラに通って好みのコに一生懸命お金を使うほうが
まだ可能性はあるかもしれません。

会社の部下に優しくしてイチかバチかの大勝負に出るほうが結婚につながるように思います。


結婚相談所で、20代の女性には多くの選択肢があるのです。

需要と供給のバランスを考えるとそこは自明の理です。


「たまに20代の女の子とご飯に行けたらそれでいいんだよ」

というなら別ですが、結婚相談所は結婚したいと思っている人が
活動する場なのでね・・・











LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top