男の婚活 OTOKON

男の婚活 OTOKON

結婚してはいけない女(その3)

結婚してはいけない女(その3)

前回の結婚してはいけない女(その2)次いで、その3になります

 

6)専業主婦願望の強い女

 

今日は、サラリーマン時代の男同士の酒の席で

時折交わされた会話の一部をご紹介します。

 

ほろ酔いの男たちが酒のあてに語る『嫁さん比べ、ええ女・ダメな女』について

おもしろおかしく語るシーンです。

 

「おまえ(B)の奥さん、スゲェ美人やなぁ~! どこで捕まえてん?」

 

「いやぁ~、そうでもないっすよ!

A課長が見られたんは、2年前でしょ。

結婚した当時と比べて7キロ肥えましたからねぇ

『どっか働きに行け』言うても、一日家でゴロゴロしてますわ」

 

「A課長のとこの奥さんも昔は美人やったんじゃないですか?」

 

「アレのどこが・・・美人やねん、ハニワみたいにずん胴でシワクチャやないか!

結婚してはいけない女
そやけど、料理は自慢できるかもしれんなぁ」

 

「毎晩、帰りを待ってはるんでしょ」

 

「まぁな!

俺は『先食べとってもええで』とは言ってねんけどな」

 

「ウチのんは、専業主婦のくせに

先に風呂入って、めし食って、テレビ見て、寝てますわ!

えらい違いやなぁ~」

 

「いつから、そんなんなってん?」

 

「結婚後、半年位ですかねぇ・・・

もともと、ああいうオンナですわ!

そう言えば、夜も半年以上ご無沙汰してます」

 

「そう言えば、こないだ結婚したC係長の奥さんも綺麗し

料理もメッチャうまいって、泊めてもらった奴らが言うてましたわ」

 

「ホンマそうやで、オレは披露宴でCの奥さん見たけど

今まで見た中では、ピカイチ!モデルみたいやったわ」

 

「でも、Cが言うてました

給与の半分ぐらいは嫁の服代に消えてるかもしれん』って!」

 

「それは、怖いなぁ」

 

「怖いと言えば、もっと怖い話があるんや

ここだけの話で、絶対オフレコやで

実はな、Dのとこの嫁さん、Dに黙って500万位の借金してたらしいで

気がついたら、もう手遅れやった言うて、調停中らしいわ」

 

「オンナには気つけんと怖いなぁ~」

「やっぱり見かけだけに騙されたらあかんでぇ」

 

(その点、ウチのは埴輪みたいやけど

良かったかも知れん・・・)

 

こう言った会話がよく繰り広げられていました。

でも、この埴輪似の奥さんを嫁に持つA課長も

昔、オンナに泣かされて苦労をしたのを知っています。

 

男は何事に対しても経験知っていうものが必要で、

いろんな女性と付き合って

ときには痛い目に合ったりして、女性を見る目が養われるんです。

私も経験者なんで、偉そうに言わせてもらいます(笑)

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top