男の婚活 OTOKON

男の婚活 OTOKON

プロフィールはあなたのスペックを物語るカタログです

プロフィールの作り方(結婚相談所用)

男性用プロフィールの作り方(結婚相談所システム用)

システムを使って多くの男性会員さんのプロフィールを見ていて、
いつも感じることなのですが「もったいないぁ~」って思うことがあるのです。
中には、ホントにこんなプロフィールで女性に申し込みを考えているの・・・
真剣さが足りないのではないの・・・

プロフィール(お見合い用)

女性会員のプロフィールを分析してみよう

男性が女性のプロフィールで一番に見る部分は「容姿(写真)」ですよね。
そして多くの場合、自分の年齢から考えて若ければ若いほど良しとする「年齢」

男性がシステム上で女性を選ぶ基準は、まず上記の2点

そして、その女性の自己PR欄をみて
性格などの人柄など自分と合いそうなのかどうなのか
当然のことながら、細かく分析する人もいるはずです。


女性の自己PR欄や趣味などを見て、どういった女性なのか分析する方法については
別の機会にご紹介させていただきます。

女性があなたのプロフィールの一番最初に見る部分は

年収

非常に現実的です。
既にわかると思いますが年収が高いほど有利になるのです。
まず、これは受け入れるしかありませんよね。

もしあなたの年収がそれほど高くないなら
仕事を今以上に頑張るとか、副業などでプラスにすることも良いでしょう。

学歴について

一流大学の四大卒以上を希望する女性もいますが
ここは今更変えることのできない部分です。

お見合いまで持ち込むプロフィールの作り方

ここからがポイントなのですが

上記の年収は直ぐにアップすることはできない
そして学歴は今更どうしようもない
でも、プロフィール上で工夫をすることでお見合いまで持ち込むチャンスは増えるのです。

写真

男性が女性を見るのと同じように、
写真から醸し出される「何か」を女性は感じ取るのです!

「何か」とは なにか・・・

当然、女性が求めるものによって変わってきますが

優しさ、男らしさ、などの人柄

顔の造形は今更変えることはできませんので
「男前」にする必要はありませんが
女性に受けるおしゃれな雰囲気になら可能です。

例えばヘアースタイル、メガネ、髭など

一般的に婚活では強烈な個性は求められませんので
奇抜なスタイルはNGです。

男性もフォトスタジオ(写真館)も利用すべき

NGな写真は

■ 携帯(スマホ)での自画撮り
不自然な姿勢で目線がずれているので直ぐにわかります。
最近はやりの自撮り棒などを利用すると良いかも知れません。

■ 普段着、ジャージ姿
サブで使う場合はOKとしても、「お見合い写真」としては
必ずスーツ姿でビシッと決めましょう。
私服からスーツに変えるだけで見違えるようにイメージが変わります。
点数にすると40点が80点になります。

■ お母さんや家族に撮ってもらった写真
これも時折見かけることがあるのですが、家の前とかで家族に無理やり撮らされたような写真。
何となくシチュエーションが想像できて、女性受けはよくありません。

■ 顔が引きつっている
私も男性会員さんの写真撮影をするのですが「笑顔を作ってください」って言っても
ほとんどの男性は引きつった表情になってしまいます。
日頃から意識して良い笑顔を作りましょう。やはり、作り笑いよりも自然に出る笑顔が一番です。

■ 姿勢
ここからは少し上級編となりますが、証明写真とお見合い写真の違いってわかりますか?
これまでにも何度か、インスタントで撮影した証明写真を持ってこられた男性がいました。
顔がアップされた運転免許書などやパスポートなどに貼り付けるようなものです。
シワやシミ、ホクロなどのアラまでクローズアップする必要はないのです。
お見合い写真としては、自分をカッコよく見せる写真を用意すべきです。

プロのカメラマンが撮影したプロフィール写真を何枚も見ていると良いお見合い写真の特徴がわかります。
・背景
明るい場所で背景は白か淡いブルー
自宅など撮影する場合は背景をスッキリさせて何も映らなくするのがベストです。
白い壁の前で周りに何も映らないようにフレーミングして撮影しましょう。
後ろの壁が近すぎるとファッシュ撮影は影ができますのでオススメしません。

・顔を正面に向けて身体を半身に
これはスマートに見せるためのテクニックになるのですが、いかにもではなくさり気なくがポイントです。

自己PRの書き方

出だし

プロフィールをご覧いただいてありがとうございます。

↑ 多くの方が、よく出だしで書かれているのですが、別になくてもよいと思います。

自分をPRできるところはどこなのか

・性格や
・仕事や趣味
・結婚したらこういった生活がしたい
最後は よろしくお願いいたします。

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top