男の婚活 OTOKON

男の婚活 OTOKON

年の差婚・・・実は女性が心配していること(2)

女性が年の差婚で心配するのは男性側の不妊の問題だけではない

最近、芸能界で年の差婚が増えてきたとはいえ、
婚活の場で一回り以上下の女性に申し込みをしても
なかなかOKがもらえないのにはいろいろ理由があります。

年の差婚・・・実は女性が心配していること(1)

こちらで以前お伝えしたことは
40代半ばを超えた場合、男性側が原因となる不妊の確率のことでした。

この問題は比較的最近論じられるようになったものですが
以前から言われているのは

経済的な問題

これが女性が一番気にするところです。

子供が成人するときはあなたはいったい何歳?

これは以前にも別ブログでも書いたことがあるのですが
女性側が40代半ば以降の男性と結婚する時に考えてしまうのが

「あと何年働けるのか?」

現在40代半ば以上で子供を望む男性で
子供の成人までにいくらかかるのかを把握できている男性は
どの程度いるのでしょうか。

もしも45歳で子供が生まれたとしたら子供が15歳の時点で
あなたは60歳です。

定年が65歳としても子供を大学を卒業するまでに
既に定年となっているということです。

今の時代終身雇用制は崩れつつあるし、
中高年だけでなく若い人でもリストラに会う時代ですが、
女性としたらそこは深刻に考えてしまうところです。

共働きならなんとかなるんじゃない?

40代半ば以降で若い女性と結婚したいと思っているのなら
この考えを持っている時点で女性側からするとアウトです。

年の差婚でもいいと思うということは、精神的、経済的余裕をあなたに求めているのです。

それでは年の差のある男性とあえて結婚するメリットがありません。

また働くことを希望している女性でも妊娠中、出産後、子供の小さいうちは働けないと思っています。

その間はどうなるのか?ということです。
年の差婚で子供を望むなら、経済的なことを安心させてあげる必要があります。

婚活の場ではPC画面を開けば他にも男性はいるのです。
あえて「年の差があってなおかつ共働き」を選ぶ理由がないわけです。
愛情や相性でカバーできるというのは甘いかもしれません。

気になるのはあなたの年齢だけじゃない

女性は結婚に対してはいろいろなことをシビアに考えます。

あなたの年齢だけでなくあなたの親御さんの年齢も気になるものです。

40代半ば以上になると大抵、親御さんの年齢もすでに70代
中には80代の方もいることでしょう。

そうなると、女性の頭の中には

”介護”

この二文字がちらついてくるのです。

いずれは親の介護はしなくてはいけないものですが
それが70代以上になるともう目の前にすぐにくる
リアルなものとして捉えられてしまいます。

実際に今すごぶる元気だとしても、
明日にも介護が必要になる可能性だってあるのです。


本人がそこまで考えていなくても、女性側の親御さんが

「介護とかすぐしなくちゃいけなくなるんじゃないの?」

と忠告したりするのです。


あなたが年の差のある女性に申し込みを続けても
なかなかOKがこないのにはこういう理由があるのです。

男性も年齢があがるほど結婚できる確率は減ってきます。

子供を望んでひたすら若い女性に申し込みを続けている間に
結婚そのものが遠のいてしまった男性多くみています。

子供にこだわったがために
ともに過ごすことのできる人がいるという幸せすら
逃してしまうということがないように切に願います。





LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top